事例紹介(親族)
特別養子縁組の審判についての再審事由

特別養子縁組の審判についての再審事由と親子関係不存在確認訴訟の帰趨 子の養子縁組後に血縁上の父が、その子を認知することができないことを理由として、養子縁組後の親子関係不存在確認訴訟が不適法となるのかが争われた事案がありま […]

続きを読む
事例紹介(親族)
特別養子縁組の要件

特別養子縁組の要件 特別養子縁組を行うためには「父母による養子となる者の監護が著しく困難な事情」が認められることが必要です(民法817条の6の但書)。また原則として父母の同意が必要とされますが、例外的に「養子となる者の利 […]

続きを読む
事例紹介(親族)
虚偽の出生届のより嫡出子となった者による養子縁組の代諾の可否

1.無効な代諾養子縁組の追認 まず、未成年をようにする際には父母の承諾が必要になります。ご相談のように、虚偽の出生届が提出されている場合には誰が「父母」として承諾できるのかが問題とされましたが、この点については最高裁判所 […]

続きを読む
事例紹介(親族)
虚偽の出生届により養子縁組が成立するか

虚偽の出生届と養子縁組の成否 嫡出子出生届が虚偽であった場合に、その届を養子縁組届として認めることはできないかが争われた事案があります。通常、このようなことは子供が嬰児の時に行われるので、子供が虚偽の出生届に関与すること […]

続きを読む
事例紹介(親族)
節税目的でした養子縁組の有効性

節税目的でした養子縁組の有効性 相続税の計算に関しては、相続人が多いほど遺産に係る基礎控除額が増えるので、その分節税になります。そこで節税目的で養子縁組が行われることがあるのですが、子供が複数いる場合にその一部の子供の子 […]

続きを読む
事例紹介(親族)
認知した者が亡くなった後にする認知無効の訴え

認知をした者が亡くなった後にする認知無効の訴えの可否 認知をした者が亡くなった後に、その認知が真実に反して無効だと主張したいという場合にどのような訴えを誰に対して行えばいいのかが争われた事案があります。 事案の概要は、甲 […]

続きを読む
事例紹介(親族)
性別の変更と生まれた子供についての嫡出推定

性同一性障害特例法によって性別を変更した後に生まれた子供の嫡出推定 性同一性障害特例法によって性別を変更した後に結婚して、精子提供によって生まれた子供に嫡出推定がおよび、嫡出子と認められるのか、それとも生物学的に子供をも […]

続きを読む
事例紹介(親族)
代理出産によって出生した子の親子関係

代理出産によって出生した子供の親子関係 外国での代理出産を行い、その子供を自身の嫡出子として出生届を提出した場合に、これが認められるのかが争われた事案があります。 (1) 相手方X と同X は,平成6年▲月▲日に婚姻した […]

続きを読む
事例紹介(親族)
相手の男性が亡くなった後に人工授精で生まれた子との親子関係

亡くなった男性の保存精子を用いて生まれた子の親子関係 病気の治療による副作用などを考慮して精子を保存しておくことが行われることがあります。そしてその男性が亡くなった後に、保存しておいた精子を用いて人工授精により子供を授か […]

続きを読む
事例紹介(親族)
認知をした者による認知無効の主張

認知をした者による認知無効の主張の可否 認知をした者が認知を無効とするとは、認知を受けた者からするといったんは自分意思で認知をしたのに後になって無効だと言い出すのはおかしいと考えることも無理はありません。しかし血縁が無い […]

続きを読む